分析力の高さ

すべてのデータを自由に扱える汎用検索機能、人件費試算機能による人件費の分析など、蓄積されたデータの活用をサポートします。


すべてのデータを自由に扱える汎用検索機能

自由条件検索という検索ツールによるデータの分析や抽出。クロス集計表による集計表の作成。 面倒な設定などをしなくても、項目を選択するだけで簡単に抽出ができます。そこからEXCELへ展開することもワンタッチです。 業務担当者が3年程度で変わる公的機関では、簡単さは必須要件と考えています。 ただ、簡単であっても、すべてのデータを扱える機能性、見えてはいけないデータを見せないセキュリティー、 だれがどのような操作をしたかを記録する安全性など、あくまでも人事給与という業務の特殊性を意識した機能が必要です。 U-PDSの汎用検索機能は、そんな考えを形にした人事給与専用の汎用検索です。

人件費試算機能による人件費の分析

最大で6年間の人件費の試算、しかも、すべての変動要素を設定できる詳細計算が可能です。 給与計算を72ヵ月連続で回すようなイメージです。 ただし、変動要素を特に設定しなければ、昨年度と同様の計算式、テーブル、 実績給で計算ができる、簡単操作も持ち合わせています。 計算後の分析機能も充実しており、 変更による影響額を把握することで、別の設定を施して何度でも再計算ができます。 今後の人事政策、給与制度改革のための貴重な情報源として活用できます。