Web就業管理

近年、労働状況改善・健康管理問題への意識の高まりなど、取り巻く環境が大きく変化しています。 これまで以上に、就業規則・労働基準法を初めとしたコンプライアンスの徹底と超過勤務の縮減などを背景とした 業務効率化の増進が求められています。日進サイエンティアではこの要求を満たすために、 各種エラーチェックによる適正な労務管理、集計作業の自動化等、 マネジメントの強化と作業の効率化この両方を 実現することが必要だと考えています。 Web就業管理システムは、これらを実現していく製品です。


Web就業管理システム

近年、給与削減や労働条件の改善など、取り巻く環境が大きく変わってきました。 これまで以上に、人事院規則・就業規則・労働基準法を初めとしたコンプライアンスの遵守と 集計・チェック業務の効率化が求められています。 日進サイエンティアでは、適正な日々の労務管理、集計作業の自動化、 各種申請のエラーチェック等、 マネジメントの強化と正確性の追求、この両方を実現することが必要と考えています。 Web就業管理システムは、これらを実現していく製品です。

勤務状況のリアルタイムな把握

Web就業管理システムでは、出退勤打刻時間、超過勤務命令時間、承認実績時間、 そしてそれらの時間の差異や日々の割増率の集計をリアルタイムで管理出来ます。 また、過去の勤務実績もデータベースに全て蓄積されますので、印刷された出勤簿を探すより容易に検索を行う事ができます。 これにより、労務管理者は日々の勤務状況を逐一確認することができるため月中などに迅速に通知(超勤の抑制など)を 行う事が可能です。また、職員本人も自己の勤務時間や勤務状況(割増時間、休暇の残日数等)をリアルタイムで確認しながら 日々の業務を行う事ができるため、 自己管理を促しやすくなります。

労務管理業務、給与集計業務全体をカバー

Web就業管理システムでは、日々の打刻、実績、超過勤務はもちろんのこと、 各種申請の残日数管理、日々の実績の自動集計、 U-PDS向け給与データの作成など労務管理業務全体を幅広くカバーします。

公共系機関に特化した設定機能

これまでの導入実績を元に、各機関ごとに運用が異なる部分を導入時の設定により変更可能としています。 そのためカスタマイズが少なく、ヒアリングのみにて早期の導入を行う事が出来ます。

様々な勤務形態への対応

常勤職員、非常勤職員(時間雇用、有期雇用)の他、変形労働制、交代制勤務、裁量労働制へも対応しています。

人事給与システムとの充実した連携機能

国立大学法人向けに大きなシェアを持つU-PDSについて、登録された採用情報・異動情報等は夜間処理にて自動で就業システムへ 登録されるため、 職員情報を再入力をする必要がありません。 給与との連携についても、U-PDSでそのまま取込が可能な給与用CSVをボタン一つで出力が可能です。 この際、ファイルの修正・整形は一切必要ありません。また、その他の人事給与システムとも連携実績があり、 お客様の環境に合わせた対応が可能です。

Webでの動作による利便性

Web就業管理システムは、ブラウザのみで動作しますので、特定のアプリケーションを利用者のPCに都度インストールする 必要はありません。また、クラウド環境上でもご利用頂く事が可能なため、サーバの管理が不要となります。

機能一覧

就業入力サイト(本人機能)

就業登録、休暇・休業申請、出勤簿、予定確認、打刻(ICカード対応のタイムレコーダと連携)

就業承認サイト(承認者機能)

承認状況一覧、予定作成、就業承認、部署別統計情報、超過勤務命令、権限設定、休暇・休業承認、出勤簿

就業管理サイト(管理者機能)

承認状況一覧、権限設定、就業承認、年次休暇管理、超過勤務命令、月次集計データ作成、休暇・休業承認、勤務パターン設定、 予定作成、 カレンダー編集、交替制勤務割振表、個人属性設定、出勤簿、CSV取込、部署別統計情報、休暇・休業一括登録、 自由条件検索、 名称マスタメンテナンス

面倒な休暇管理も簡単

採用者の採用時付与や年度ごとの年次有給休暇及び特別休暇は、規則を基にした設定により自動で算出し付与されます。 これらは常勤職員に限らず、非常勤職員についても週の勤務日数・勤務時間数に応じた付与日数が自動で算出されます。 また、「申請可能期間」「残日数」「申請重複」「連続取得可能上限」などのエラーチェックを申請ごとに設定することが] できるため、 チェック漏れの防止や、過去の申請を確認する作業などが軽減できます。 申請時はファイルの添付も可能ですので、特定様式の記入が必要な申請や、証明書類の必要な申請についても、 紙に印刷すること無くWeb上にて完結することが可能です。

多彩な承認者の設定機能

承認者は、人事システムの異動情報や組織を基に自動設定されますが、組織図上に無い「チーム」や「班」などのグループを 任意に作成し、 それぞれに承認者を設定することが可能です。 また、組織図上は同一組織内であっても、勤務場所が異なるなど、 それぞれに承認者が必要となる場合や、 センター・研究所などの所長が兼務をしている場合などにも、承認者を設定することで、 実業務に即した労務管理・勤怠承認を行う事が出来ます。

帳票出力機能

これまでご要望の多かった各種帳票(年次休暇簿、出勤簿(月単位)、出勤簿(年単位)、超過勤務実施状況リスト、 病気休暇特別休暇簿)を標準搭載しています。 それぞれPDFでの出力が可能です。